竹広叔父さんの訃報

父親の弟で、小さい時から可愛がって貰っていた「竹廣の叔父さん」が亡くなり、千葉までお別れに行ってきました。 以前は三重の四日市市に住み、兄弟が多かったこともあり、毎年のように行われる法事の度に会っていましたが、今は息子、娘の住む千葉に引っ越して会う機会も減っていました。 それでも好きな勉強で朝日新聞に載ったり、趣味の絵や陶芸作品を送って貰っていたので、趣味に忙しくきっと元気に過ごされていると安心していたので、訃報に接した時はショックでした。 
勉強熱心な叔父さんでした。

画像
 

最近は絵も習っていたようで、絵手紙も貰っていました。
画像


久しぶりに会う従兄弟(従姉妹)とも、竹廣の叔父さんに遊んで貰った子供時代の懐かしい昔話に花を咲かせました。 
ご冥福をお祈りします。

久々に新幹線から富士山を眺めました。
画像


新しくなった東京駅も見学。
新しいものを含め何にでも興味を持つのは、父親や叔父さんと同じく樋口家の血筋のようです。
画像






 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック