黒大豆枝豆

味覚追及の秋の恒例行事となった丹波の黒大豆枝豆狩り。 大学テニス部の先輩で、丹波篠山の田舎暮らしを満喫されているNGT先輩を頼って、今年も高速料金をケチり、地道を走って一時間で丹波篠山へ到着。
着いてすぐに、いつも暖かく迎えていただく素敵な奥様から出して頂いたのが、昨日収穫したという黒大豆と冷えた麦茶。 やはり食べ始めたら途中で止まらない美味しさは、かっぱえびせん 以上です。 お椀に山盛りの枝豆を食べ終え、気合いを入れ直して今年の畑へ移動。
画像


良い天気です。 今年は去年に比べて実も大きく、更に美味しそう。
画像


今年、我が家の家庭菜園でも枝豆を収穫したが、一粒の大きさは2倍以上。 風土、気候の違いはあるものの、 来年は家庭菜園でも、この丹波の黒大豆枝豆に近い味を追及した枝豆作りに挑戦したいと思っているがーー。
画像



今年もご夫妻にはお世話になりました。 美味しいコーヒーやお菓子もご馳走さまでした。  有り難うございました。
(*補足)  枝豆狩りは、数少ない相方同伴のイベントです。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック