祝 初勝利! 尼崎シングルスも中盤へ、

スポーツニュースが平昌オリンピック一色の中、いよいよ中盤に差し掛かった尼崎シングルス。 
今日はチーム甲子園 3銃士が揃って出場。
画像


SKMT選手は接戦しながらも、後半にペースをつかめず敗退。
I I JM選手は5-5から、不運なネットインが続き惜しくも 5-7で敗退。

そして最後に登場のチーム甲子園の看板選手で、シングルスランキング上位をキープするTKOK選手が、昨年のSKMT選手に続き、念願の市民大会初勝利。
画像


このニュースは応援に回った I I JM選手からクラブに伝えられ、クラブ関係者やテニス仲間は、一気に祝賀モードへ。

この初勝利は、シングルスに挑戦仕切れないクラブの仲間に勇気と感動を与えてくれそうです。 

画像

2回戦も勝てそうでしたが、初勝利に酔いしれた試合運びで凡ミスが目立ち、惜しくも3回戦進出は逃しました。


西宮も期待しています。
画像



小生は皆さんの試合の応援の後、一旦クラブに戻り、午後からの試合に備えて、来月の45才クラスで対戦する
IRE選手と20分の練習の後、午後の試合に備えて再び尼崎コートへ。

初戦は 3-5 の0-30で、ほとんど負け試合でしたが、TKOK選手の初勝利に刺激され、何とか挽回して7-5で勝利。 3回戦は各ゲーム常に先行される苦しい試合でしたが、スコアは6-0で、とりあえず1シードの面目はキープ。 4回戦は時間切れで次回に順延。 今年も昨年同様、45才の試合と重なりそうです。、 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック