決勝進出

画像



初参加の伊丹市民シングルス。 前日の門真と甲子園のテニスで、ふくらはぎの張りと肘の痛みが再発し、若者との対戦が予想される一般B級シングルスに多少の不安。 とりあえず初戦突破を目標に万全の体調で臨もうと、寝る前に痛み止めと攣り止めの68番を服用。 気分的な効果の方が大きいようで、目覚めはまずまず爽やか。 


午後からの試合に備え、とりあえず身体を動かしておこうと、畑に出向き、腰を痛めないように気を付けながらの雑草抜きと水撒き。 気温上昇で1時間の作業で汗びっしょり。 20分程度のラリーを終えたような感じで、多少身体も動く予感。

白菜、キャベツの大きくなりましたが、結球にはまだ時間が掛かりそう。 
画像


画像




コートで出番を待っていると、宝塚ダブルスコンソレ3位のペア、TKOK選手の姿を発見。
心強い仲間が応援に来てくれました。 これで2回連続の初戦負けは出来ないと気合も充実。
画像



対戦相手は、50代 30代 40代 20代と若い人ばかりでしたが、久々に気合の入ったシングルス。 3回戦と5回戦はどう見ても勝てそうもない相手でしたが、途中で負けを覚悟しながらも最後まであきらめず、何とか踏ん張り、準決勝も3-5から挽回して 7-5 で勝利。  応援、本当にサンキューでした。

準決勝の相手は爽やかな青年。 もう一度対戦したら 2-6 位で簡単に敗けそうです。
画像



決勝は7月8日。 その前日は甲子園球場で野球観戦の予定。 勝ち試合ならともかく、負け試合の長時間観戦は腰に負担が掛かるので、腰痛再発が少し心配。  猛虎打線の爆発と藤浪君の完封勝ちに期待です。


毎試合、負けを覚悟の厳しい戦いで、クラブに芦屋対抗戦の結果を確認する余裕も無し。
本当に応援のお陰でした。 クラブの皆さんからの応援も良い励みになりました。

来週は宝塚年齢別シングルス、再来週は再び伊丹で年齢別シングルスです。 調子を維持して頑張ります。  

画像

      

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック