尼崎65才シングルス、 準決勝へ。

12時のラウンドなのに、準備運動代わりの野菜の世話に手間取り、コート到着は12時過ぎ。 WO?も止む無しと思っていましたが、そこは市民大会。 2Rからの試合で、進行も遅れていたので、さりげなく出席を届けて無事にエントリー完了。 連覇目標の尼崎シングルスでしたが、ドローの過去の成績を見ると2連勝中で、今年は3連覇が掛かっていることに気付き、ちょっとプレーシャー。 2連敗中のライバルとはベスト8で対戦するドローに、取り合えず1試合ずつ集中することを心掛けて試合に突入。 

試合が進むにつれて人も少なく。
画像


スコア的には楽勝ですが、ノーアドの多い試合展開。 出来ないことを止めて、出来ることだけに集中したのが功を奏し、6-1、6-0でQFへ。 QFも最初のノーアドをブレークして、集中を切らさずに5-0リード。 此処から2ゲーム連続で落として嫌な雰囲気が漂いましたが、気合を入れ直して6-2で勝利。 とりあえずベスト4キープで一安心。 次は60才シングルスです。
画像



仲間の試合を観戦しながら試合に備えて集中。
画像
 

昨日の仕事明けテニスの疲れが残り、朝8時のTKOK選手の応援に行けず。 届いたラインによると、20代の若者相手に惜敗だったようです。 あとはメンタルの強化だけだと思います。 
画像
  (写真提供/ブログときたまテニス)

ARK選手は2回戦進出も毎回のノーアドをイージーミスでほとんど落として惜敗。 実戦不足?。 練習会でいろんなタイプのプレーヤーを相手に、研究しましょう。 試合初心者の指導もお願いします。
ARK選手が負けた相手とは、昨年SFで対戦していました。
画像

 
QFはこの日の1番コートの最後の試合となり、コート整備をしてスコアボードとシングルスポールを大会本部へ持ち帰り。 シングルスポールが細かったけど、ルール上のサイズは? 
画像

  

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック