シードを賭けたシングルス練習会に14名

12月26日に予定されているシングルススーパーファイナルに向けた最後のシングルス練習会に上位シードを狙う14名が参加。  昨年のコンソレトーナメント優勝のUED選手は1番コートでの最終調整中で出場を回避。 女子では本命のSKI選手、NGE選手、IKD選手は武庫川コートで個別調整、ダークホースのYMZK選手は西宮MIX3回戦進出の疲れを取るために自主回避と、それぞれがスーパーファイナルに向けて秘密裏に調整。  191119 練習会1.jpg 年明けの尼崎シングルスに初参戦のMTSMT選手と2種目にエントリーのMTSI選手は、お互いに気合の入ったストロークで相手を圧倒。 あとは最後の詰めとウイニングショットの確率が課題?。 191119 練習会2.jpg 暫定1位の小生は仁川対抗戦でのぎっくり腰をおして出場。 繰り返すぎっくり腰の不安を振り払う為に、突然のぎっくり腰を想定した腰痛時のテニスに自信を深め、暫定2位で西宮MIX3回戦進出のTKOK選手は、本番に備えて手の内を隠したテニスで余裕の連敗ながらスーパーファイナルの変わり身が楽しみ。 新メンバーのSNG選手も上位陣の手の内を探りながらのテニスで本番に意欲、IZM選手はスピードのあるサービスに一層の安定感、AKMT選手は追い込まれた時の逆転のバックハンドパスに驚異の安定感、SKMT選手は更にフットワークが良くなり2位のTKOK選手を一蹴。 191119 練習会3.jpg そして今日参加の女子2名は普段の練習の成果を発揮した安定したテニスを展開し、男性陣にとっては侮れない存在になりそうです。 191119 練習会結果2.jpg 191119 練習会結果1.jpg

この記事へのコメント