ウオーリーさんを偲ぶ

昨夜のニュースで、日本プロ野球初の外国人選手だった与那嶺さんが亡くなった事を知りました。 最初にお会いしたのが1982年、ウイルソンのアドバイザリースタッフをお願いしたのがきっかけです。 契約は短期で終わりましたが、その後も家族ぐるみで仲良くして頂き、日ハムコーチ時代の大阪遠征時には、毎回「チケットを用意しておくよ。何枚要るか?」「試合の後、ホテルで食事しましょう」と電話を頂き、出掛けて行きました。 プロ野球引退後は上京の折りに奥様が経営されている六本木のジュエリーショップで待ち合わせて、近所のアメリカンクラブや本場の味のハンバーガーショップにご一緒させていただきました。 最後にお会いしたのは4年ほど前で、六本木交差点近くの和食の店でとんかつ定食をご馳走になりました。 与那嶺さん(ウォーリーさん)は魚定食で「これが美味しいんだよ」と言っておられたのを思い出します。  お会いするたびに「ハワイに遊びに来なさい。 ベッドルームもあるから大丈夫」 と声を掛けて頂いていたのに残念です。 ご冥福をお祈りします。 

画像


テニスアイドルだったリサ・ボンダーの誕生日パーティにはご夫婦で来ていただきました。
*部屋のどこかにある懐かしい写真を探しています。 見つかり次第UPします。

"ウオーリーさんを偲ぶ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント